fc2ブログ

タンゴ発祥の地

アルゼンチンといえば、、、タンゴ!

そのタンゴ発祥の地、ボカ地区へ行ってきた。

ボカ地区の近くにはスラム街があるらしく、
宿の人に「歩いていかないで、必ずバスで行ってー」としきりに言われました。。。

なんとなく、暗い通りをバスですり抜け、着いたところは、
ボカの中心の「カミニート」。
_MG_0015_R.jpg _MG_0031_R.jpg _MG_0018_R.jpg _MG_0019_R.jpg _MG_0026_R.jpg



ボカ出身の芸術家によって作られたカラフルな建物がいっぱい!!

観光地化された通りだけど、とってもかわいい!!

レストランでチープなタンゴが見れます。
_MG_0027_R.jpg

_MG_0023_R.jpg

2011.01.09 07:58 | アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(0) |

普通にショッピング~

ボリビアの民芸店は楽しかったけど、旅も終わりに近づいているので
ちょっぴりショッピングを楽しみました。

ブエノスはかわいい店はいっぱいあるし、
アルゼンチンの女の子は、みんなおしゃれでかわいい!!

でも、日本で買うのと同じくらいの値段がしたり、、とちょっと高め。

先に行ってきた知り合いが日曜市でかわいい古着をゲットしていたけど、
ウシュアイアへのフライトが日曜日のため古着は断念。

大した物買わなかったけど、、見るだけでも楽しい!

2011.01.09 07:42 | アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(0) |

ちょっとそこまで ~ウルグアイ~

せっかくなので、ちょっとウルグアイにも足を伸ばしてみた。
(というか、行くことを前提にウルグアイの国旗のピンバッヂを
購入済だったので行かないと気がすまなかった;;;)

ブエノスアイレスから高速船で1時間、普通船でも3時間で
ウルグアイのサウラメント・コロニアという世界遺産の街に行ける。

実は首都まで行ってみようかなぁーと思ってたけど、
同じ宿で先に行ってきた人が「何にもなかった。行く必要ないよ。」
と言うのでコロニアだけにした。


本当に何もない。

小さな町。

世界遺産というけれど、、、植民地時代の街並みが残っている
ヨーロッパのしょぼい版。

まぁ、かわいい町並みではあったけど、
期待していた革製品も安くてデザインのいいものには出会わなかったし、
ちょっぴり残念な感じ。

たった3時間ほどの滞在で帰りの船の時間だけど、十分だった。。。
_MG_0002_R.jpg

_MG_0003_R.jpg _MG_0014_R.jpg


2011.01.09 07:29 | アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(0) |

牛肉の国アルゼンチン!!

とにかくアルゼンチンでは牛肉が安く食べられ、そして美味いらしい!
(だんだん旅の目的が「食」になってきている)

その噂を聞きつけ、やってきたブエノスアイレス。

なにやらこの街は強盗とかがけっこー頻発していて危険な地域もあるようで
バスターミナルの付近で出口を間違えると大変な目に遭うそう・・・。
(実際、バスターミナル付近で、知り合った旅人が所持品全てを奪われていた。)

ここには有名な宿が2件あるが、バスターミナルから歩いていける
「上野山荘 別館」を選択。
とっても人気の宿で、簡易ベッドにギリギリ滑り込んだ。

まずは、スーパーで「牛肉」を調達。

安い肉でもとっても柔らかくて、日本人好み!!!

ここに居た5日間は毎日牛肉を食しました。
DSCF8443_R.jpg



これが、ブエノスの正しい過ごし方(笑)!

2011.01.09 07:23 | アルゼンチン | トラックバック(-) | コメント(0) |

リマからブエノスアイレスへ、、、大移動

 (※今更、、、な記事ですが。。。)

退屈なリマを1日も早く抜け出したくて、ラン航空のオフィスで
ラン-サンチアゴ間のフライトの日程変更をした。
ついでに、ブエノスアイレスからウシュアイアへの航空券も購入!

通常、日程変更には料金は発生しないハズなんだけど、、、
チケットの再発券手数料を取られてしまった。。

それでも、キャセイの日本支店に電話したら変更できなかったのに、
ランではあっさり翌日の席が取れたし、
最後のサンチアゴ-シドニー間の席がキャンセル待ちの状態で用意できないとか
言ってきたり(実際はとっくの前から確保できていた)と、、、
もろもろ対応に疑問を感じていたので40ドル少々の手数料を払ってでも
ランのチケット番号に変更してしまった方が南米においては融通が利きそうだった。。


変更を前提に長~く取ってしまっていたイースター島の日程変更をしたかったが、
年末が近づいていて、行きの便はキャンセル待ちすら出来ない状況だったので、
帰りの便だけ少し前倒しに変更した。

(が、この時点で何もないイースター島に11泊することが大決定!!)

イースター島に向けて、楽しみにしていたパタゴニア地方を
怒涛の日程で駆け巡る結果になってしまった。

本当なら、サンチアゴから少し北のビーニャ・デルマルの有名宿「汐見荘」で
魚貝類三昧の日々を過ごした後、アルゼンチンのワインの産地:メンドーサに
寄って、ブエノスアイレスに向かおうと思っていけど・・・


すべてパス。


時間がないのでとりあえず、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス
まで22時間の長距離移動。

しかし、噂どおり、バスは快適だった♪

「セミカマ」なのに夕食は飛行機の機内食よりも豪華&ボリュームも大!
コーラだけじゃなく、ワインも出てきたのには驚き!!

バスの乗客のおっさん達がいい歳してうるさくてイライラしたけど、
それ以外は快適だったな。

2011.01.09 07:15 | ペルー | トラックバック(-) | コメント(0) |